老人ホーム 費用

老人ホームを検討されている方必見!

希望条件に合った施設の資料が無料で届く!
個別に依頼する手間が不要!
利用者数No.1サイト(楽天リサーチ調べ)の老人ホーム検索サイト

介護費用っていくら必要?

 

「将来、自分が介護状態になった時にいくらくらい介護費用が必要になるのか考えたことはありますか?」

 

平成24年度の内閣府による高齢者の健康に関する意識調査結果によると、

 

 

 

年金等の収入で介護費用をまかなうことができると思う⇒41.4%
必要なだけの貯蓄は用意していると思う⇒20.0%

 

全国の55歳以上の男女の約4割の方がなんとかなると楽観的に考えていることがわかります。

 

また、介護を受けたい場所は?

自宅を希望⇒34.9%
病院などの医療機関に入院したい⇒20.0%
特別養護老人ホームへ入所したい⇒19.2%
介護老人保健施設に入所したい⇒11.8%

と、施設への入居を希望している高齢者は意外と少ないことが読み取れます。

 

しかしながら、高齢者の一人暮らし世帯は増加傾向にあり、
自分の介護を家族に頼ることが難しい状況の高齢者が多いのが現状です。

 

そこで大切になってくるのが

 

高齢者の住まい選びです。

 

中でも一番身近なのが「老人ホーム」ですが、その種類は複雑で違いもわかりにくくなっています。

 

このサイトでは特に注目されている有料老人ホームを中心に、

  • 老人ホームの入居に必要な費用
  • 老人ホームの選び方のポイント
  • 老人ホームの種類と特徴
  • 老人ホームを選ぶ手順

 

など、わかりやすく説明しています。

 

後悔しない老人ホームを選ぶためには、いざ困ってから探すのではなく、
施設の入居にかかる費用、特徴や入居条件など事前に調べておくことも必要です。

 

高齢者本人とそのご家族の方にお役に立てれば幸いです。

 

有料老人ホームの入居にかかる費用のしくみ

 

入居一時金

 

入居時に一括で支払う前払い家賃のこと

月額費用

 

「管理費」(スタッフの人件費やホームの運営費)
「家賃(居住費)」⇒入居一時金を一括で払うとかからないことがある。
「食費」「光熱費」「水道代」「電話代」など

介護が必要になると

「介護費用」(要介護度に応じた1割負担分)・「オムツ代」・「医療費」
※2015年8月より介護費用自己負担は所得に応じて2割へ

 

介護施設・住宅の費用がパッとわかる早見表

 

 

種類

入居一時金の目安

月額費用の目安

特徴

公共型

 

 

特別養護老人ホーム
(特養)

0円 5~15万円 入所待機者が多く、なかなか入所できない

介護老人保健施設
(老健)

0円 6~16万円 リハビリが中心
介護療養型病床群 0円 7~17万円 特養の入所待機者として利用する人も多い

民間型

 

 

 

介護付き有料老人ホーム 数十万〜数億円 15~70万円 費用が最も高いがその分、サービスが充実している
住宅型有料老人ホーム 0〜1億円以上 15~90万円 介護は外部サービスを利用

サービス付き高齢者向け住宅
(サ高住)

0〜数千万円
(敷金・一時金)

5~25万円 最近急増傾向にあり、注目度が高い
シニア向け分譲マンション 数千万〜1億数千万 10~100万円以上 要介護になると外部サービスを利用しなければならない

公共/民間型

 

 

軽費老人ホーム
(ケアハウス)

0〜数百万
(前払家賃)

8~15万円 入居できる条件が施設によって差があるので施設への確認がポイント
グループホーム 0〜数十万円 12~20万円 認知症を患っている人のみ入居できる
シルバーハウジング


※敷金ありの場合も

1~15万円 要介護になると外部サービスを利用しなければならない

介護施設の資料請求は数社から取り寄せるのがおすすめ!

老人ホーム施設を紹介しているサイトの中には
特定の施設の関連会社などが運営してる場合もあり、
中立的な紹介が受けられない可能性もあります。

できれば複数の業者から資料請求して幅広い情報を集めるのがポイント!

探している施設に結びつく可能性がグーンと上がります!

【みんなの介護】

 


 

紹介可能物件数が全都道府県で業界No.1
  • 全国の老人ホームが毎日空室状況を更新!
  • 入居相談は年間40,000件
  • 介護施設の口コミ・ランキングも掲載

みんなの介護



ケアプロデュース

 


 

業界トップクラスの情報量と20,000件以上の相談実績!
  • 寝たきり、認知症、医療行為など、また金銭的内容などの疑問に回答
  • 実際にご利用・ご相談されたご家族の95%の方から「相談して良かった」と言われている

ケアプロデュース